コロッケも少し工夫してヘルシー料理に仲間入りしましょう。
ヘルシーポイントは、じゃがいもではなく里芋を使用すること。

じゃがいもと里芋のカロリーを比較すると、実は里芋の方が低カロリー。
里芋のトロトロした舌触りは、じゃがいもでは味わえない美味しさがあります。

作り方は、まず里芋をざっくりと小分けにして電子レンジで5~6分温め、熱いうちにつぶします。

次に、玉ねぎをみじん切りにします。
材料の比率ですが、里芋6:玉ねぎ4です。
里芋と玉ねぎ、塩こしょうを混ぜ合わせます。
少し物足りなさを感じる場合は、マヨネーズを少々足してみて下さい。
大量に入れてしまうと、ヘルシー料理にならないので「少々」をお忘れなく。
あとは小麦粉、卵、パン粉をつけてコロッケの種が出来上がりました。

ヘルシーなコロッケ料理にするポイントはここからです。
パン粉にオリーブオイル大さじ1をなじませて、コロッケの種にまぶしてオーブントースターで焼いて完成です。

パン粉にオリーブオイルをなじませることで、色味がつく上サクサクになるのです。
揚げないコロッケ料理は、フライパンで焼く方法もありますから、ヘルシー料理のクチコミも参考にするのもおすすめします。
冷めても美味しい里芋コロッケは、お弁当にも最適ですよ。